前へ
次へ

多くの歯を失ったらオールオンフォー

ケガなどで多くの歯が折れてしまったり、歯周病で抜歯が必要になった時は、総入れ歯の治療を行うことが多いです。
総入れ歯はプラスチック素材になっており、粘膜に密着させて装着させます。
入れ歯用安定剤を使用することで、食事を楽しめるようになります。
見た目が良くないと感じたり、味を感じにくいなどのデメリットがあります。
インプラント治療を行っている歯科医院では、オールオンフォーの治療を行っています。
4本の歯根を顎に埋め込むことで、一度に多くの歯を入れることが出来ます。
オールオンフォーは、一般的なインプラント治療とは違って、顎の骨量が少なくても治療が受けられます。
顎に入れる歯根の量が少ないので、費用を抑えることが可能です。
施術を受けた直後から、仮歯を入れることが出来ます。
総入れ歯に比べると、見た目が美しいですし、しっかりと歯を固定することが出来ます。
信頼できる歯科医院を選んでおくと、費用の面でも相談しやすいです。
オールオンフォーは、現代は希望している人が数多く存在します。

Page Top