前へ
次へ

高齢者は訪問歯科を利用してみよう

歯周病は歯茎や歯槽骨などの、歯の周辺組織が蝕まれる病気です。
歯肉炎は炎症が歯肉に留まっているので、丁寧な歯磨きをすることで改善します。
治療をせずに放置をすると、歯周ポケットが出来てしまい、大切な歯槽骨を溶かしてしまいます。
20歳以上になると、忙しさで歯磨きを怠ってしまい、口腔内の環境が悪くなることがあります。
歯周病は慢性の疾患なので、長い年月を掛けて少しずつ進行します。
早期発見が大切なので、予防歯科の診療を受けましょう。
糖尿病や心臓病などの持病がある人は、健康な人に比べると歯周病が悪化しやすいです。
歯茎の血流が悪かったり、細菌が増殖しやすくなります。
高齢になると歯磨きが難しくなり、歯周病が進行してしまうことがあります。
体の不自由な人や高齢者は、訪問歯科の治療を受けるのがお勧めです。
訪問歯科では医療設備を導入した、自動車で自宅に訪問をしてくれます。
自宅で居ながら、口腔内のケアをしてもらったり、体に負担の少ない治療が受けられます。

Page Top