前へ
次へ

定期的に歯科クリニックのお世話になっています

今、3か月に1度は歯科クリニックを受診して検診を受けています。
20代のころは、痛みやお口に違和感がな

more

歯は定期的にチェックしてもらおう

歯の健康は全身の健康にもつながっているとよく言われますが、しっかりと噛むことができれば食事もおいしく

more

コロナ後の歯医者の様子は

前回に歯医者に出かけたのは2月の下旬で、今回出かけたのは6月の上旬でした。
久々にそこへ来ると建物の内

more

歯科・歯医者はどれくらいの頻度で行けばいい

虫歯や歯周病予防に最適なのは、定期的に歯科・歯医者へ通うことです。
特に何もなくても定期的に検診を受けることで、自分が気づいていなかった初期の虫歯や、歯の磨き残しなどによって史跡がたまっているなどのトラブルを発見し、対策を講じることができます。
しかし、基本的にどれくらいの頻度で出かけたらいいのでしょうか。
本来ならば毎月通い、歯石や歯垢対策を講じたほうが口臭対策や歯の汚れ対策につながるといわれています。
しかし、忙しくてなかなか通えないという人は少なくありません。
年に数回でいいといわれていますが、ビジネスパーソンの中でも営業周りを積極的に行う人の場合には、2か月に1回は通う人が多いです。
理由として、2か月に1回見てもらうことで営業周りで出かけた際に先方に虫歯や汚れた歯を見せなくて済むからだといいます。
特に営業担当者は歯の色や歯茎、口臭などを気を付けなければなりません。
普段からのブラッシングやデンタルフロス、洗口剤などを使用することはもちろん大切です。
ホワイトニングなどをやる人もいますが、口臭対策など確実に効果を発揮させるためには、プロに見せるのが一番です。
よって、2か月に1回は定期検診に通ったほうがいいでしょう。
ただし、歯の質によってはそれほど通わなくても問題ない人もいます。
3か月から4ヶ月に1度通うことで、歯の健康状態をより適切に見せることができる人も多いです。
歯の質によって汚れが付きやすい人、汚れが付きにくい人がいるからだといわれています。
口の中の細菌が付きやすい人は2か月に1度行ったほうがいいですが、汚れが付きにくい体質の人はそれほど気にしなくて問題ありません。
ただし、汚れが付きにくいからといっても、完全に歯の状態が健康でいられるとは限らないため、3か月から4ヶ月に1度行ったほうがいいでしょう。
年に3回程度歯の状態を見ることで、虫歯対策や歯周病予防を適切に行うことが可能です。
毎日の歯磨きの習慣があっているかどうか確認するためにも、定期的に出かけて歯の美しさをキープしたほうがいいでしょう。
歯茎や歯周病は早めに治療をすることで、健康効果を高めることにつながります。

「安心と信頼」治療から予防まで
患者様想いの治療をご提供する荻窪の歯医者「松崎歯科医院」です

歯医者 稲沢
わだち歯科は、シニア層が通いたくなる歯医者の地域ナンバーワンを目指しています。

患者様の将来を見据えた歯科診療を
鷺沼駅すぐの鷺沼デンタルクリニック・矯正歯科がご提供させていただきます

東京の安い矯正歯科
格安で治療を受けられます。

可能な限り痛くない歯科治療を
お子様も安心している歯科医院を目指すあさひ歯科 矯正歯科です

Page Top